商圏のことと、商圏の挫折について訓練をしました。価格メカニックスが有効に機能するためには、市場で自由な勝負がおこなわれ、商圏への参加と商圏からの退出が権利ですなどの条項が必要です。しかし、現実の環境社会では商圏の挫折とよばれる事態が言えるそうです。たとえば占有や寡占が存在する都合、商圏にまかせておくと富が十分に生まれず価格が激しく設定され、ユーザーに不利な状況が発生することもあるそうです。また、パブリック富はキャピタル分配が補填されません。商圏を落っこちるで他の環境主体に利幅を加えたり(他人環境)、公害のように不利益をもたらしたり(他人不環境)講じる場合もあるそうです。これらは、商圏メカニックスのてんこ盛りを示してあり政府の許す担当が、重要に繋がるみたいです。商圏について勉強してきましたが、知らないことばかりで普段からこのことを訓練控えるので、ひときわ分かりやすく細かく勉強したいと思ったし、思い切り勉強になりました。また勉強してみたいなと思います。