夏になると、青空、青い海で波を切りながら爽快に走り去っていくジェットスキーを見ると、自分も乗ってみたいと憧れの念を持つのが普通であるが、あのジェットスキーには様々な危険がある。

まず、ジェットスキーにはバレーがない。

ジェットに乗った事がない人間は、ほぼ知らない事実ではないだろうか。

ジェットは、基本的に水の抵抗で止まる。

そのため、ブレーキによる急停車というものが存在しない。

もっとも熟練者になれば、スピーンターンなどして危険回避は出来るだろうが。。

もう一点、ジェットの危険な点は、ハンドルを切っただけでは曲がらない。

これもジェットを乗った経験がないとわからない事であると思うが、障害物にぶつかると思ってハンドルを切っただけではジェットは曲がらないのである。

どのようにして曲がるかと言うと、アクセルを開けてハンドルを切らないと曲がらない。

ジェットは、ジェット噴流を吐き出す方向で曲がるために、アクセルを開けていない状態だと曲がる事ができないのである。

インターネットのオークションなどを見ていると、有名ブランドの名称で商品を出品しており、説明文の中に「本物と同じです」や「本物かどうかはわかりません」などと書いてあり、実際には、有名ブランドのコピー商品を売っている場合が多々あります。

有名ブランドの多くは、ロゴだったり、デザインを商標登録して、その権利を守っています。

商標登録をしたデザインなどは、他の人が勝手に真似をして使用してはいけない事になっています。

つまり、インターネットのオークションなどで出品されているコピー商品は、商標法違反となり検挙される可能性があります。

有名ブランドの多くは、デザイナーなどを雇って、良いデザインを開発しているので、これらのデザインを勝手に使用されると大きな損害を被ることになります。

インターネットのオークションなどで、安易な考えでコピー商品を買うのはやめた方が良いでしょう。

また、映像や音楽は著作権で守られている事が多ので、これも注意が必要です。