イースターのグッズが店に並ぶようになってきました。ディズニーやUSJでもこの時期はイースターのイベントがあったりして徐々に日本でも知名度が上がりつつあるのかなという感じです。
イースターはクリスマスに並ぶくらいのキリスト教の重要行事なのですが、こんな楽しいイベントが今まであまり流行らなかったのは復活祭という宗教色の高いイベントだからなのですかね…私は子供をキリスト教系の幼稚園に入れていたのとプーさんの映画で見たので知っていたのですが、知名度が案外低いんですよ。
イースターエッグ作り、エッグハントなど実際参加してみるとすごく楽しいイベントですし、何よりグッズがウサギと春のモチーフなのですごく可愛いです。
フライングタイガーやIKEAなどでもグッズが売っているのですが、ハロウィンやクリスマスに比べて圧倒的に可愛い気がします。
幼稚園ではイースターは毎年変わるため、春休み中になってしまいお祝いができない年もあったのですが、すごく可愛いし春らしいイベントなので春休みに当たった時も楽しくお祝いできるように、もっと広まって欲しいなと思います。ミュゼ カウンセリング 親同伴

セシルのもくろみ第2話を観ました。とても面白かったです。視聴率が4.5パーセントなんて信じられないくらいでした。吉瀬美智子のゴージャスな私生活とセレブぶりが、昼顔のセレブ主婦役と重なって観てしまいます。吉瀬美智子や、真木ようこ子、モデルたちの着用している服を観ているだけでも楽しいです。真木よう子演じる宮地は、酵素風呂や、エステなどを格安チケットを使用してトライしたたりして、美容や健康、ダイエットを美しくなりたい女性の本能を刺激したり、相撲部屋に行ってお相撲さんと一緒にシコをふんだり、ボートに乗ってヨガをして湖に落ちるシーンなど、体育会系のパワフルな役を演じていて、楽しそうにトライしているので、こちらまで元気なパワーをもらえます。女性は、とても楽しめるドラマだと思います。時々、モデル同士の虚栄心などが見え隠れしますが、吉瀬美智子演じるカリスマモデル浜口由華子も実は、有名小説家を持つ夫が実はアル中だったりと、華やかさの裏に影があったりします。次回も楽しみです。

身は今日食品にはまっていて、メニューの収納コツを延々と試行錯誤している。
最近一人暮らしなので、毎日のごちそうの栄養バランスやお弁当に詰めるだけの研究置き副食など、色々考えながら作っている。しかし自ら出費とれる分量は限られてあり、冷蔵庫も酷いので大して在庫できません。そんな状況で賢くできるように試行錯誤しておるところです。今日買って便利だったのは、IKEAの食べ物キーパーだ。体格が多く冷凍収納もできて、範囲でのあたためも可能です。1調節買って便利だったので、もう一度1調節買おうと思っています。こういう時、おんなじ種類で備え付けるのが冷蔵庫瞬間の整頓のファクターだそうです。
イマイチ番耐えるのが、冷凍収納だ。冷凍庫は別に狭いので、固いケースではなくジップロックに入れてすきまに詰め込んでいる。しかしジップロックに閉じ込めるには1回分ごとにラップに包んでいるのですが、短く冷凍・解凍するために無い板状にしています。そのせいでお弁当入れ物にはなはだ入れ辛いのです。丸めて冷凍すると冷凍ら傷んでしまいそうで怖いだ。何か賢い方法がないか、依然として調査中だ。