スロットで勝つためには、とりあえず設定を狙う、ということになります。しかし、はっきりいって最初からそんなことはないのです。そこが難しいことになります。かなり確実とはいい難いことになりますが、その時に考えることがあります。それは上げ狙いということです。要するに前日に悪い挙動の台を狙う、ということです。どうしてそんなことをするのか、といいますとそれは要するに前の日に駄目な設定していたので、今日は高くしてくるだろう、ということを狙うわけです。本当にそんなことが有効的であるのか、といえばなかなか難しいことではあるのですがそれでも狙い目としては悪いことではないですし、意外とやっている人が多いです。しかし、そんなことよりもそもそも設定を入れる店にする、ということが重要でもあったりします。家の近くの店、というわけではなく、大事になってくるのは少しでも遠くても設定を入れてくれる店、ということにしたほうがよいでしょう。

子どもが通っている幼稚園で、作品展がありました。
各教室に、年少さんから年長さんそれぞれのテーマに合わせて、作品が展示してありました。
すごい手が込んでいて、先生たちすごいなと思いました。

年少さんの教室から順番に見て行きましたが、我が子がいる年少さんの作品はとてもかわいかったです。
テーマがお祭りで、おめんや風車などの工作が飾ってあったり、子どもたちが描いた絵が壁一面に貼ってありました。

みんなのびのびと描いていて、こんなに絵が描けるようになったんだと感心しました。
運動会の絵が上手でしたよ。

年中さんや年長さんになると、同じように似顔絵でもやっぱりリアルになっていてすごかったです。
作品も難しい物になったり細かくなったりと、さすがだと思いました。

年少より年中さん、年中より年長さんの方がやっぱり上手で、成長が感じられましたよ。
これからうちの子もこうやって絵が描けるようになるのかなと思うととても楽しみになりました。土日祝 お金を借りる