底地というのは売れないわけではないのです。売れるための方法がいくつかあります。それは不動産業者に仲介してもらう、ということです。これは底地の権利もキチンと受け継がれていくことになりますから、実はそこそこ売れることもあります。しかし、その土地をすべて使うことができないことになりますから、これは怖いことになります。運用が100%ができないということになりますから、これは売れないこともあるのです。しかし、運用はできます。だからこそお金になっている、となります。この点においては確実に注意しておいた方がよいでしょう。地代は少なからず入ってくることになりますから、これは利点があるということにもなります。底地というのは、それなりにメリットがありますから、これはよく理解しておいたほうがよいでしょう。売るのか、そのまま運用したままにするのか、ということはかなり重要になってくる事になりますから、お勧めできるようになります。http://www.ropro.co/mutsudatsumo.html